ごあいさつ

img004

学校法人 湖東学園
学園長  森 敏子

情報社会は猛烈なスピードで進化・変革を続けています。  現代ではインターネットを始め、マルチメディアの急速な発展により、ハードウェアからソフトウェアへの転換がなされ、企業においてはインターネットビジネスへと目まぐるしく変化している今日、情報改革時代と言っても過言ではありません。激動の時代です。このような時代を支える人材の育成が重要であることは言うまでもありません。
 ITを学んでなりたい自分になることができます。そこで本校においては、ITに関する知識とスキルに加えて、物事の本質を見極める能力を身に付けなくてはならないと考えます。ITを利用できる教育システムの環境の中で、基本的な知識・能力を身に付けるため、少人数に重点をおき、知識・スキルのみならずコミュニケーション能力を身に付けると共に、問題発見・解決能力を育む教育を実践します。
 卒業後は、ITを使いこなし経営管理や経営の知能を備えた人材の育成を目指します。教職員一同、皆さんの支援をしてまいります。

 

 

専門学校 湖東カレッジ 校長 鴻池 弘幸

専門学校 湖東カレッジ
校長  鴻池 弘幸

湖東学園は、専門学校における教育を始めて39年を超える湖東カレッジを持つ、熊本県下でも伝統のある学園の一つです。日本が成熟社会に入り、少子化、国際化の流れが急速に進む中で、自立し、柔軟な生き方ができる人材が求められています。「職業実践専門課程」をもつ湖東カレッジは、“仕事の出来る人間”を育成する専門学校です。実習を主体とした、少人数で丁寧な教育を目指しています。専門学校に進んでよかったと思う事は、一杯あります。自分がめざしている専門分野の勉強が存分に出来る事はもちろんですが、共通目標を持つ多くの友人が出来る事です。勉強は正直にいって、厳しいものがありますが、社会にでて、活用できる知識や技術を習得しなければいけません。先生がたも全力で、指導してくださると思います。卒業後は、習得した多様な資格を生かし、職場になくてはならない、愛されるあなたの力を社会は待っています。
 人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして報いを求めぬよう、夢と志をもって、より良き人生を送る事を願っています。