システムエンジニアコース

img008

情報化社会で価値ある情報を見極める能力を高め、国際的な視野と感覚をもった人材を育成するとともに、情報化社会で求められているあらゆる分野において利用されるシステムの開発にかかわるソフトウェア技術者、および情報技術に関する知識とスキルを応用して問題解決を図り、社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

1 生涯にわたって自ら主体的に学ぶ力

◎ 学ぶ意義を理解できる人材

◎ グループで議論や活動ができる人材

2 IT社会に役立つ高度な情報技術と専門知識

◎ ネットワーク、セキュリティ、データベース、システム開発技術などに関する知識や技術を有し、企業、インターネット、スマートフォン向けなどの情報システムの開発に従事できる人材

◎ 人工知能、機械学習、データ解析などの知識を有し新しいビジネスを提案できる人材

◎ 情報技術を利活用して社会の各分野で貢献できる人材

3 国際感覚やモラルなど豊かな人間性

◎ 異文化を理解し、国際感覚に優れた人材

4 コミュニケーションとプレゼンテーション能力

◎ 市民としての倫理観と自覚をもち、社会に貢献できる人材

◎ 自分の考えや提案内容をわかりやすく説明できる人材

5 自ら問題を見つけ出し、その解決のために情報技術を活用し、自身で工夫できる問題発見・解決能力

◎ 情報技術を利活用し、専門知識(システムエンジニア)を生かして、課題を発見し解決できる人材

6 知識のみではなく生きるための知恵

◎ 物事を幅広い視野からとらえ、理論的思考力を備えた人材

◎ 情報社会において必要とされる豊かな自己表現力を備えた人材

主なカリキュラム

システム設計 6単位 プログラミング基礎 4単位 プログラミング応用 4単位
システム開発演習 4単位 データベース 1単位 経営学 1単位
オフィス演習 2単位 プレゼンテーション 1単位 実用英会話 1単位

コースの特徴

オブジェクト指向技術を柱に、分析、設計、プログラミングの力が身につくカリキュラムを提供します。
また、「データベース」、「ネットワークとセキュリティ」、「ネットワークの構成と管理」などの科目を通じて、データベースやネットワークの技術を学びます。
さらに、プログラミングの力を伸ばし、経営学系列の科目を学び、企業の情報システムへの理解を深めることが期待されます。

充実したコンピュータ環境でスキルを徹底的に磨く

本学では、ハードとソフトともに充実したコンピュータ環境を構築。実習室のパソコンは1人に1台割り当 て ら れ、UNIXやWindowsといったOSをはじめ、Javaなどのオブジェクト指向言語、Webアプリケーション、データベースなどのスキルを徹底的に身につけることができます。

時代のニーズに即応した少人数体制のコース

時代のニーズに即したコースを設けて、卒業時までに確固たる専門性を身につけられるようにしています。また、このコース設定によって、少人数制の中で講師や仲間たちと自由に意見を交わし合うことが可能となり、コミュニケーション能力や提案力を養えるメリットもあります。

システムエンジニアなど情報技術関連のエキスパートを育成

情報技術とともに最新の経営学系科目を履修できるのも本コースの特色です。これによって、ビジネスを理解してシステム構築ができる真のSEを目指すことができるほか、さまざまなビジネス・フィールドにおいて、情報技術関連のエキスパートとして活躍することが可能となります。

入学までに身につけて欲しいこと

コンピュータシステムは、あらゆる産業界で使用されます。卒業後にどのような分野で活躍するにしても、コミュニケーション力、「語学力」(国語・英語)と「論理的思考力」(数学・英語)が必要とされます。「国語」の「文章表現力」や「口頭表現力」は、コミュニケーションの基本であり社会に出ても必要な力です。「数学」は、物事を論理的に考える訓練ができる科目で、この科目で身につく「論理的思考力」は、情報処理技術者ではとくに重要ですが、他の職種でも大事な能力です。「英語」の基礎学力は、最先端のICT技術をいち早く知る上で重要です。また、様々な科目で文章を理解し問題を解くことは、「理解力」を養う上で重要です。